羽子板飾り 京都の人形工房の老舗 リュウコドウ(龍虎堂)の手作り羽子板 吉祥縁起

羽子板は室町時代の文献に登場します。当初は羽突きの道具として用いられていましたが、徐々に厄払いとしても使われるようになり魔よけとして正月に女性に贈る習慣もこのころ出来たとされます。江戸時代に入ると、歌舞伎役者などをかたどった押絵羽子板が流行しました。新しい年を迎えるにあたって、厄をはね返し幸運を呼び込む縁起物として羽子板を是非お飾りください。

【鏡獅子 羽子板の絵柄について】
押絵羽子板の絵柄は、歌舞伎舞踊の名場面を教えにしたというだけでなく、絵柄自体に江戸っ子独自の思い入れとユーモアを含む意味を持たせています。
西陣金襴 押絵豆羽子板「鏡獅子」
小姓の弥生(やよい)が将軍の前で踊りを披露し、飾られた獅子頭を手にすると獅子の精が乗り移る、という内容です。前半は気品のある女方、後半は荒々しい獅子の精と いう対照的な役を1人で踊り分ける点に見どころがあるようです。荒々しく乱舞する髪の毛がダイナミックです。
贅沢な西陣金襴のお衣装など細部にこだわり手作りでしつかりつくってあります。


全体表示 幅 奥行 高さcm 素材 レーヨンちりめん
※お人形の付属の保管箱は厚手の紙製のお箱となります。
木製ではございません。ご了承くださいませ。




【希望者のみラッピング無料】 歌舞伎鏡獅子 迎春準備 豆羽子板 【送料無料】羽子板 白 『龍虎堂』リュウコドウ ちりめん海外おみやげ 初節句 ひな人形 雛人形-その他

特設展示室へのご案内
東南アジアの民族衣装と布展のご案内
タイ・カンボジアの陶磁器などのミュージアムショップのご案内

【希望者のみラッピング無料】 歌舞伎鏡獅子 迎春準備 豆羽子板 【送料無料】羽子板 白 『龍虎堂』リュウコドウ ちりめん海外おみやげ 初節句 ひな人形 雛人形-その他

タイ・カンボジアの陶磁器|ヨコタ博物館の公式メールマガジン登録はこちら